水素原子の外場による光電効果の計算結果

この前導出した水素原子の外場による光電効果の計算方法に基づいて計算した結果を示すよ。入射した電磁場の波長は $ \lambda = 10\, a_B $ ( $a_B$ はボーア半径、 $ E= E = 2343[{\rm eV}] $)。長さ $L$ の箱内で定義される平面波で展開したせいか、飛び出したはずの電子が、外場の影響を受けてまた基底状態に戻るっていう結果になってしまったよ。考えてみれば、これはラビ振動と全く同じ物理的な状況だね。

\[\begin{align}
i
\end{align}\tag{10}\]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です